風薫る5月

未分類

雨上がり、5月の風が爽やかな日に母が旅立ちました。

父は亡くなる前の日に、私の夢に来て「お母さんを頼むよ」と遺言を残しました。

あれから22年と4か月、母と過ごせた時間は私の宝です。

《老いる身体・老いる心》を母が教えてくれました。

《老いる》は病気ではありません。 身体は老いても心の健康を保つこと!!

身体の老いに憂いて、嘆いて、心を病気にしてしまわないこと!!

母は98歳でしたが、心と身体の健康を保ち、母が人生の中で一番多く発したであろう

「ありがとぅ!」の言葉を最後に「頑張ったよ~。あとはよろしくね」と言わんばかりに、穏やかに

永い眠りにつきました。

今頃は空の上で父と二人、また仲良く過ごしていると思います。

私は母からの学びを活かして、これからも精進して参ります。

生きるとは、死ぬとは、人生とは…等々考える貴重で有意義な5月でした。

親は亡くなる事でも、沢山の事を教えてくれます。

感謝…

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました