zen place academy でシニアヨガ指導者向け講座を実施(7/15など)!詳細はこちら >>

SPACE桜のコンセプト

コンセプトは2つ

  1. シニアがヨガで元気になっています!
  2. ヨガは運動療法!

1.シニアが元気になっています!

人類の長い歴史の中でも若返った人は1人もなく、だれもが向かっていくシニアへの道。

厚生労働省の「地域包括ケアシステム」では、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを、人生の最後まで続けられるように地域の支援、サービスの提供体制を構築し推進する、と謳っています。

これ、シニアは地域でヨガをして元気に暮らしましょう!と国が勧めていますよね!

仲間が集まり、喋って笑って体を動かせば、孤独やストレスも吹っ飛びます。

先日こんな事がありました。

クラスの初めに「今日は見学でもよいですか? 精神的にちょっとありまして、体を動かす気にはなれないのですが、 でもこちらに来るのは楽しみで、休みたくなくて来てしまいました」と、元気がありません。

「勿論です、来て下さっただけでも私は嬉しいですよ」と言うと、お仲間達も「先生のお話し聞くだけでも身体に良いんだから(笑)来てよかったわ。 家にいるよりずっと楽しいものね!」と優しい言葉をかけてくれます。

いつも通りのシークエンスと皆で大笑い~の1時間を過ごし「気持ち落ち着きました」と笑顔でお帰りになりました。

身体を動かさなくても、心が元気になればそれもYOGA!!

色々あっても、集える時間が大事です。                                    楽しく体を動かせば、効果抜群!!

〈痛み〉が緩和したり、無くなったり、正しく体を動かす効果を感じられて、皆様益々お元気になられています!

シニアヨガ指導者、介護予防指導士と中途半端な人生経験をいかし(笑)                          皆様に「健康と笑い!」を提供致します。

2.ヨガは運動療法

皆さんからよく聞く話です。

「腰が痛くて病院に行ったら、さんざん待たされて痛み止めとシップもらって終わりよ!」と、これはまだ良いほう。「年だからしょうがないですね~って言われちゃったわ」という方も…。

つまり、皆さんが困っている「膝痛」「腰痛」は病気ではないと言う事なのです。

整形外科医は、骨が折れた、椎間板が飛び出た(ヘルニア)などの病気(器質的障害)に対する治療法は学びますが、身体の使い方や加齢から起こる膝痛や腰通など(機能的障害)については学びません(リアルドクターの話しです)

機能障害を起こす大きな原因は、体の使い方の「癖」です。                         「癖」とは聞こえはソフトですが「歪み」であり、やがて「痛み」となります。

ほかにも加齢による筋力の低下、運動不足なども原因になります。

ではどうしたら良いでしょうか?!

正しく体を動かしましょう。 正しい姿勢(これが問題です!)を心がけましょう。

例えば『膝』…痛みが酷いときは安静も必要ですが、無理のない程度に動かしたいです。

動かす事で関節液の分泌が促され、動かしやすくなるだけではなく、その関節液は軟骨の栄養になるからです。

『動かす意味』を知り『効果』を実感すると、動かさずにはいられませんよね。

動かして痛みを緩和、なくしていきましょう。                                  これが運動療法です!

関節を正しく動かせば筋肉はしっかり働きます。

ご自身の身体を知り、癖を知り、意識して正しく動かす事!

「からだ知るヨガ」はそのお手伝いをしています。

身体は動かしてなんぼ…ご一緒に体を動かしましょう!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました